ドラッグストア監修の調剤薬局ガイド

医薬分業について?その疑問にお答えします。

皆さんが病院で診察してもらったとき、お薬の代わりに「処方箋」をもらった方が圧倒的に多いのではないでしょうか。その処方箋を持って調剤薬局へ行き、お薬を処方してもらいます。このように、医師が患者の診察とお薬の処方指示行為を行い、それに基づいて薬剤師が処方行為を行うことを医薬分業といいます。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

医薬分業のせいで、病院でお薬を受け取ることができず、二度手間だと主張する人も多いようです。では、なぜこの制度が取り入れられたのでしょうか?

 

それは、医師によるお薬の処方ミスをチェックする必要があるからです。お薬は本来、病気を治すためのものですが、間違った種類のお薬を服用したり、あるいは、1回に飲む分量を間違えたりするとお薬が毒となることもあるのです。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

もし、医薬分業の制度がない場合、医師が処方箋を書き間違えると、それを信じてお薬を服用した患者さんの症状がかえって悪化し、場合によっては死に至るケースも否定できません。

 

薬剤師はお薬を調合するのが本職だと一般的に思われがちですが、実は医師の処方箋をチェックし、問題点を発見するという、お薬の調合よりも重要な任務を負っているのです。

 

医薬分業は私たちの生命を守る、なくてはならない制度なのです。



調剤薬局