ドラッグストア監修の調剤薬局ガイド

お薬手帳の解説情報ページ

調剤薬局によってはお薬の処方の際、「お薬手帳はありますか?」と言われることがあります。お薬手帳とは、調剤薬局にてお薬の処方の際、お薬の名前・分量・服用回数・飲む時間帯・処方者の情報等を記録する手帳です。

 

なぜお薬手帳を持参するように指導している調剤薬局が多いのでしょうか。それは、普段かかりつけの医師以外から診察を受けてお薬を処方してもらった場合、薬剤師がこの手帳をチェックすることによって、かかりつけの医師と同じお薬を処方している可能性や、かかりつけの医師が処方しているお薬との飲み合わせの相性を容易に判断できるからです。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

また、処方されたお薬で副作用が出た場合、薬剤師に相談すれば、そのときの症状等についてお薬手帳に記録してくれます。そのため、今後同じお薬が処方されることを防ぐことができます。 お薬手帳は医師や薬剤師が記録するものですが、市販のお薬を服用した場合、いつ・どんなお薬を・どのくらいの期間服用し、どの程度改善したのか、そして、副作用が出た場合はその症状を自ら記載しておいた方が良いでしょう。そうすれば医師から処方されたお薬と市販のお薬の相性が合わない場合、薬剤師からアドバイスを受けることができますので。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

今まで、お薬手帳を使用していなかった方は、せめてお薬をもらうときに付いてくる説明書を整理して調剤薬局に持参すると良いでしょう。



薬剤師 募集