ドラッグストア監修の調剤薬局ガイド

処方箋について?その疑問にお答えします。

処方箋とは、患者が医療機関を受診したとき、医師がお薬を出す必要があると判断した場合に薬剤師に対して交付する文書のことを言います。処方箋には「箋」の字がひらがなで書かれているものが多いですが、これは「箋」の字が常用外漢字だからと言われています。 1980年代までは医療機関内でお薬を受け取れるところが多かったため、処方箋自体なじみのないものでしたが、1990年以降の医薬分業の徹底化により、今では処方箋を発行する医療機関の方が一般的になりました。

 

医薬分業のせいで、病院でお薬を受け取ることができず、二度手間だと主張する人も多いようです。では、なぜこの制度が取り入れられたのでしょうか?

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

医師は処方箋を発行する場合、法律により、患者の氏名・年齢、お薬の名前・分量・用法・用量、発行年月日及び有効期限、医療機関の住所・名称、医師名を記載しなければなりません。なお、医師名が自筆でない場合は医師個人の認印を押印することになっています。なお、処方箋の有効期限は記載されないこともありますが、その場合の有効期限は発行日を含めて4日間となります。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

医療機関から処方箋を受け取った場合、それを調剤薬局に持参します。必ずしも受診した医療機関の近くの調剤薬局でなければならないという決まりはありません。日本全国の処方箋に対応している調剤薬局もたくさんあります。ただし、自分が利用したい調剤薬局が日本全国の処方箋に対応しているかどうかは調べておいた方が良いでしょう。



薬剤師 転職