ドラッグストア監修の調剤薬局ガイド

調剤薬局とドラッグストアの関係とは、あなたの疑問にお答えします!

調剤薬局は処方箋が必要なお薬を買える場所、ドラッグストアは処方箋の要らないお薬を買える場所であると考えている人が非常に多いようです。かつては医薬分業が徹底されず、医療機関内でお薬を受け取ることが多かったため、このような考えを持つ人が多いものと思われます。

 

しかし、この考え方は間違いです。実際、ドラッグストアの中には薬局開設の許可を受けて営業しているものが数多く見受けられます。この傾向は1990年代の医薬分業の徹底化により顕著になりました。そのため、近年では処方箋による調剤を受け付けてくれないドラッグストアの方が稀になってきています。

光熱費込み、清掃費込み、インターネット即日接続できる大阪市淀川区のマンスリーマンション 大阪 大阪最安値に自信があります! お気軽にお電話下さい 0120-686-277

 

ドラッグストアは処方箋の要らない大衆薬を中心に、健康食品や化粧品等も取り扱っていますが、最近は業界全体の売上が減少していることから、日用品・お菓子等の食品・ペット用品等、ドラッグとは無縁の商品の取扱いが増えてきました。また、スーパーマーケットと提携し、コミュニティショッピングセンターを創っている事業者も見られます。

ドラッグストアとは健康と美容に関する医薬品や日用品をセルフサービスで買えるようにした小売業態です。

 

そのため、ドラッグストアはコンビニエンスストアへと近づきつつあるのかもしれません。ただし、ドラッグストアはコンビニとは違い、定価販売を好まず安売りする傾向にあるため、昨年の不況以降は自家用車で来店し、まとめ買いをするお客さんに重宝されています。



薬剤師 求人